旅と自然のブログ(ときどき音楽、本、食べ物etc.)

興味のあること色々書きます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハダカホオズキ

RIMG0038_ハダカホオズキ
ナス科ハダカホオズキ属。
海岸から山地までの林縁に生える。

まだまだ植物分類の未熟な自分には、パッと見てイヌホオズキの仲間のように思えた。
図鑑を見ると、イヌホオズキは花が節間につくのに対し、ハダカホオズキは花が葉腋につく。
(そもそも属が違うので、他にも色々違いはあると思うが)

全体に無毛。

RIMG0039_ハダカホオズキ
葉腋から赤い実を垂らす。

RIMG0042_ハダカホオズキ
葉は卵形で全縁。
葉柄には翼があり、徐々に狭まって茎につく。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/17(木) 02:02:40|
  2. 植物分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きのこ

横須賀に程近い丘陵地でこんなキノコを見かけました。
暖地性の植物が多いところです。
なんでしょうか?
分かったら、文章を付け足します。

RIMG0148.jpg
真っ白い柄に、黒光りする傘。

RIMG0150.jpg
ひだを撮ろうとしたが、うまくいかず・・・
  1. 2011/11/17(木) 01:46:33|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ヤブデマリ

RIMG0035_ヤブデマリ
スイカズラ科ガマズミ属。
シイ・カシ帯~ブナ帯の樹林内に生える。
ガマズミに似ている。
しかし、ガマズミよりも葉柄が長め(2~3センチ)で、ガマズミの鋸歯が波状なのに対し、本種ははっきりした三角形である。

RIMG0036_ヤブデマリ
写真では確認できないが、葉裏には星状毛が多いらしい。

R1042352_ガマズミ
これは、ガマズミの葉。
ヤブデマリにも多少あるが、最下部の側脈が縁に向かってよく分岐する。
側脈の数はヤブデマリより少なめ。
  1. 2011/11/09(水) 01:38:10|
  2. 植物分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオハナワラビ

RIMG0177_オオハナワラビ
ハナワラビ科オオハナワラビ属

胞子葉(下から花のように伸びているヤツ)は胞子散布後も倒れず、翌春まで残るのが、他のハナワラビ類(フユノハナワラビなど)との違い。

RIMG0030_オオハナワラビ

栄養葉は、明るい緑色、鋸歯が鋭い、裂片(小羽片)の切れ込みは少なめなのが特徴。

RIMG0031_オオハナワラビ
  1. 2011/11/09(水) 01:21:40|
  2. 植物分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トゲナナフシ

RIMG0033_トゲナナフシ

ナナフシの仲間でトゲナナフシ。
ご覧の通り、身体にトゲがある。

木の枝に止まっていると、トゲのある枝にみえる。まさに擬態。
写真のヤツは地面にいた訳ではなく、地面に降ろされたので姿が分かりやすい。

メスしかおらず、単為生殖で子孫を残すという。
みんな同じDNAということなのだろうか?

南方系の昆虫だそうで、これを見た場所も神奈川の逗子近辺なので納得。
植物も南方系のものが多かった。
  1. 2011/11/08(火) 01:09:20|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:けん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (6)
植物分類 (49)
ArcGIS (2)
雑記 (1)
本 (2)
ウインドウズ (1)
AutoCAD (1)
昆虫 (2)
備忘録 (1)
似ている植物 (1)
きのこ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。